クレジットカードでよく聞くクレヒスに関して

クレヒスは、クレジットカードの審査に大きく関わります。
クレジットカードヒストリーいわゆるクレヒスは、カードの利用履歴のことです。
カードをどこで、いくら使ったかなどの情報は、すべて記録されています。
では、クレヒスがどのように審査に関わってくるかをご説明します。


クレジットカードの主な審査基準は2つ

クレジットカードの審査で判断となる基準は、主に2つあります。
1つは、返済能力がどの程度あるのかの確認。
もう1つは、クレヒスです。
延滞などがなく使っていれば印象は良いですが、逆に未納などがあれば印象が悪いでしょう。
初めての方には関係ないと思われるかもしれませんが、30代以上になってクレヒスがまったくないというのは珍しく見られます。
その場合は、債務整理などで一度クレヒスをリセットした方かもしれないと疑われますので、気をつけなければいけません。


クレヒスはある機関で管理されている

クレヒスは、個人情報信用機関に一定の期間は保管されます。
この機関は、金融機関に対してそれらの情報を公開しているため、どこにいってもあなたのクレヒスは筒抜けです。
そのため、クレジットカードの審査に通りたいのであれば、延滞などがないようにちゃんと利用することをおすすめします。

Comments are closed.